ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


模擬国連についての2,3の考察。

 連投失礼します。長くなりそうだったし、全日の反省じゃなくなりそうだったから、別の記事に。

 そう、それで何を話すかって、模擬国連だよ。どうなのよ?


 よういちもブログで書いていたけど、「模擬」国連である以上、国連を模擬らなくちゃならない。

 そんなことは分かっている。では、その「模擬る」とはどういうことか。

 忠実に、それこそ実際にシュミレーとしている会議において出されるような決議案を出して、そこでなされるような議論のみをするべきなのか。
 「だって模擬だもん。真似なきゃ。学生のフレッシュな頭で実際の国際問題をマジに扱ってその困難さを体験しようぜ」って考えるのか


 自国の立場をある程度理解した上で、自分で理論を練り、稚拙ながらも自分の主張をしてみるのか。
「だって模擬だもん。真似は完全にはいかないよ。俺らしがない学生だし。それより、学生だからできるちょっと突飛な発想で会議しようぜ」ってするのか。



 ま、これ問題の建て方からしてちょっと間違っているんだよね。模擬国は上に上げた両方、つまり実際の国連における現実と、自分の頭の中にある甘っちょろい理想論のジレンマの中でいかに動いていくか、そういうのも醍醐味の一つらしいから。パンフかなんかで見たきがする。


 俺は前期、秋、後期は比較的、「俺国連」のスタンスだった。全日では「俺」をいれずに「情報・知識」だけいれた。
 どっちにしろさほどうまくいっていないんだからなんともいえないけど、どっちがいいのかね?


 先に挙げた、「実際」重視か、「俺」重視か。
 
 俺的な理想を考えれば、前者重視で後者のエッセンスぐらいか。

 前者を理解し、主張できるようにしときながら、若者らしい未熟ながらも発展性のある主張を織り交ぜる。うん。それは素敵だ。


 ・・・・・皆きっとそんなこと分かっているよ。だからそれが出来たら苦労しないんだって。 
 はい、そうですね。

 偉そうに語った割りに、結局皆知っていることの確認しかしてねーよ。

 まあいいじゃん。
 おしまい!



Rio:「だのん語」はお前の専売特許じゃないんだのーん

あっち:いいじゃん、チャイナ服。次の関西での担当国が決まったね。

ひろみ:まあ、俺の場合の決意は具体的じゃないから逃げやすいんだよね。って、いっているそばからちょいネガ。

マサ:いや、逆境から脱出はしないよ。俺は永遠に逆境へのチャレンジャーさ!はい、ちょっと嘘です。

よーいち:そうだ!一年の計は元旦にあり、だ!でも計画立てすぎてもつぶれそう・・・・。

 おっとぉ!コメントもほんのりネガティブ風味だ!まあいい!若いうちはそれもよし!(違うよなあ。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

同感ですのぉ。模擬国連とは何なのか?
俺も全日終わってちょくちょく考えるよ。
ま、結局結論は変わらないのだけれども。
俺はもうちょっと「俺国連」から脱却せねば、
と思った。
っていうかこれ、単なるボヤキだな(苦笑)
【2006/01/06 00:01】 URL | tarou #-[ 編集]

いい考察だと思うよ。
その「模擬」ってなんだろうってそこで俺も悩むもん。
過去の決議、投票行動はどう考えるべきか。
教授の実際重視でオリジナルのエッセンス。
俺も目指してみます。

(反応早すぎる自分が若干きもいw)
【2006/01/05 23:08】 URL | けいすけ #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://profumi.blog26.fc2.com/tb.php/66-4411506f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。