ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由であることと、自由になること。(ネガティブver)

 久しぶりに、だらだら書きます。長いよ。読んでくれる人は覚悟してくれ。なんかいかに分けて読む事をお薦めします。


 もうすぐ大学生生活2年目が終わろうとしてます。あんなになりたくてたまらなかった大学生という身分にも慣れ、それどころか来年度にはそこから巣立つ準備も始めなくてはならないというめまぐるしさですよ、奥さん!ありえん!4年もあると高をくくっていたらもう折り返し地点が見え出したよ。

 まあねえ。去年の自分を思い出しながら、今の自分を見てみると色々思うところはあるね。去年より成長できたのか、それ以前に受験していたときと比べてどうか。つーか何を以って成長とするのか、何をどうして、どう思っていることが充実しているということなのか。


 去年、俺は途方にくれていました。商学部が特別なのかは知らんが、ありえんほど少ない授業数、課題、テスト。あんまり馴染めなかった上に、サボろうと思えばいくらでもサボれた水泳同好会。

 そもそも商学部に入ったのもここにしか受からなかったという情けない理由が大部分を占めている俺としては大学に入ったはいいが、何をしたらいいのか皆目検討もつかなかった。周りは公認会計士やら税理士などと意気込んでいるが、何の仕事をする人達なのかすらよく理解していなかったよ、俺は。落ちた法学部のオープン科目を未練たらしくとっても、あんまり面白くなかったし。自分は何を勉強したくてここに来たのかよく分からなかった。
 自分は(皆知っているだろうケド)怠け者です。それはもう。課題や仕事がなければ漫画や小説しか読まないような、向上心のかけらもない怠け者です。去年の半年ぐらいは怠けがピークに達していて、妙な焦燥感から少し資格の勉強をしたりもした。ま、そのうち商学部の授業も興味を持てるようにはなってはきていたけど。


 なぜ、途方にくれてしまったのか改めて考える。法学部の人の方が詳しいだろうし、正確だろうけど、自由という概念は二通り考え方があるらしい。


「~からの自由」と「~への自由」だ。

 前者は一般に言う自由。つまり、束縛や制約から解放されること。自分の意思のみが行動原理となる事を求めること。

 んで、肝心の後者は自分の所属を自分の意思で求めること。(性格には違うかもしれないけど商学部なんで許してチョ)

 後者はなぜ生まれた概念なのか。それはきっと俺のように途方にくれてしまう人がいるからだと思う。束縛されると言うことは、何かを決められているということ。何かを決められていれば、そこには自分の意思が介在しない代わりに、意思決定の迷いもない。

 急な市民革命で急に自由に放り出された人たちが、束縛への自由を求めてファシズムなんかが生まれたんだと思う。何をしてもいいよといわれても、するべき方向性の選択肢すら与えられていない情況では決める勇気が涌けない人もいるのだ。俺みたいに。

 急に何を勉強してもいい。余った時間は好きに使っていい。といわれても、高校時代、成績と受験のために時間を費やし、余った時間は娯楽に当てていた自分にはもう何をどうしたら言いか皆目検討もつかなかった。

 何か目標や打ち込めるものは欲しい。けど貪欲にそれを求める根性はない。そんな思いでだらだら一年を過ごしてきた。それが去年の僕だ。


 今はどうか。授業もだいぶ専門的になってきたし、ゼミも始まった。模擬国に入って(言い方悪いけど)余っていた時間の使い道も増えた。
 自分ではかなり楽しい毎日を遅れているつもりだ。
 

 けど、これは逃げではないのか。結局将来にわたっての目標なんて出来ていない。どちらかというと自ら(適度に)忙殺される道を選んでその場をしのいでいるのではないかという疑念も浮かんでくる。

 今楽しいけど、今俺を楽しませているものから卒業したらまた結局は途方にくれるのではないか。途方にくれた後はまた仕事を与えてくれる何かに所属したがるだけではないのか。

 よく分かんなくなってきたけど。刹那主義的に生きていてもしょうがないといえばしょうがない。けど、今が楽しくなければ、見えもしない将来とやらのために頑張る気だってあんま起こんない。

 バランスが大事ってことかね。


 あ~、人生って意味ワカンネ。

 以上!


 よ、良くぞここまで読んでくれた。勇者よ!称えましょう。はい、物は要求しないでね。



tarou:頑張って質問事項も英語に直してくれよ~。それが若さだ。

ヒロ:苗字のところ直しときました。ゴメンよ。

akika:本当に、皆が笑って、話して、いい場だった。来年もああいう幸せを皆と迎えられるといいなあ。

miyata:最近ごく一部の新メン内で現人神のような扱いを受けている人からのコメント、骨身に染みます!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

何気なく読んでしまったよ。おれもほとんど同じさ。夢や目標を見失ってなんのために大学行くのかわからなくなるときがある。

これは逆境か!?
【2005/12/02 10:44】 URL | たけし #-[ 編集]

教授、おもしろくてたまんないことなんてそこら中に浮かんでるぜ?
気持ちなんて後からついてくるんだよ。
【2005/12/02 00:56】 URL | まあ、たまには。 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://profumi.blog26.fc2.com/tb.php/44-5aa29c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。