ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


書くことないけど書きたいお年頃なのです。

 いやー、今日は1日無駄にしたね。何をしていたかときかれたら何もしていないと答えましょう!漫画読んだり音楽聴いたりしているうちにもう夜。嫌だー。

 いや、図書館で借りた本が5冊もたまっているんだから読めって感じですよね。うー、経営倫理の本とアメリカ経済は読みたかったんだけど。まあ、通学始まれば電車で読めるし、いいよね?


 はい、というわけで今日のお題は僕の好きな小説家達!(一般向け)
 何が一般向けかって?一般向けじゃないのはくろさんとこっそり話します。くろさーん。見てたらリアクションを!「ビート」の四巻もってたら貸して。

 というわけでこっから先は読んでもつまらないワールドに突入です。

 僕は経済小説や文学小説なんかは読みません。小説は娯楽ですので、なんで娯楽の最中に頭を深く使わなければならんのだ!という感じです。
 読むジャンルはミステリにホラー、サスペンス、アクション物って感じです。
 ミステリやホラー、サスペンスではバリバリに計算高く張られたのが結末で一気に収束する感が大好き。複線から結末を予想した時のしてやったりといった感じが大好きです。

 そんなわけでお薦めの作家をあげていきます。

 第一位綾辻行人
  圧倒的な計算力で練られたプロット、小説でしかできないであろう言葉のマジックによるあっと驚くどんでん返し。説得力のある推理。あちこちに偲ばせる人の狂気と殺意の怖さ。最高です。「十角館の殺人」でデビューの後、館シリーズと呼ばれるシリーズを初めあまり多くはないけど上質のミステリとホラーを排出しています。
 殺人方程式シリーズはいわゆる「金田一少年」っぽいトリックが多いので好きではないけど、「館シリーズ」と「囁き」シリーズはお薦め。前者はどんでん返し、後者は人の狂気を鮮やかに書ききってくれています。
 最新作は「暗黒館の殺人」。ちょっと囁きシリーズっぽくなってしまったけど相変わらず、どんでん返しはうまい。サイン本持ってます。

 第二位小野不由美
 若者には十二国記シリーズで有名な人。でも本来はホラー畑の人。なんと一位にあげた綾辻さんの奥さんでもあります。
 この人はホラーとミステリ、ファンタジーなんかを書きますが、お薦めはやっぱりホラーとミステリ。
 まずはミステリ。「黒嗣の島」がお薦め。綾辻さんと同じく、小説だからできる、というか小説である事を生かした物語の勧め方がすごい!
 ホラーでは「屍鬼」がなんといってもいいでしょう。これはスティーブン・キングの「呪われた町」のオマージュになっていますが、こっちの方が圧倒的だと言い切れます。序盤の穏やかで平穏な情景がじわじわと犯されていきなりクライマックス!すごく長いけど読むべし!

 第三位恩田陸
 「六番目の小夜子」でデビューしたこの人。最近話題なので知っている人も多いのでは。
 「不安な童話」をはじめとして一風変わったミステリを書くこの人。ミステリもいいけど小夜子のようなサスペンスもいいです。

 こんな作家が大好きです。あ、今回はあげませんでしたが時代小説も大好きなのでそのうち司馬遼太郎と新撰組について長々書くかもしれません。つーか書きます。

 はい、あほな趣味トーク終了!

 おっと、続きの部分によういちへの返事があるのでよういちは見ること。
>よういち
 モーション上がっちゃったねー。初だ!ちょっと嬉しい。
 うん、謙遜ね。いいとは思う。まあ、自己主張とわがままが違うように謙遜と自己卑下は違うよって感じがまあ言いたいことでもあったし。
 謙遜とは「控えめな態度でへりくだること」を言う(by広辞苑)へりくだってもいいことないし、他人に譲ることと、できる事を他人にやらせる無責任は違うと思うし。
 後悔云々じゃない。それは責任の放棄だと思うから。
 強い人間には強くなるだけの対価と責任が伴う。それは努力という対価だったり、弱い人間を守る責任。
 もちろん弱い人間には弱い人間の責任もある。弱いままなのだから弱いことで被る不利益を甘んじる責任だ。
 んで今回話していたのは強い人間の責任。ガツガツしろって言うんじゃなくて、できるようになった強さの責任を果たせってことだ。

 ふう、格好つけたね。返事になっていないような気もするけど以上!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こっそりじゃなくてどうどうとリアクションさせて頂きましたb
【2005/09/28 23:16】 URL | くろ #-[ 編集]

おんだりくは高校の時に超流行った。私も一通りは読んだかなー

おんだりく好きなら森博嗣S&Mシリーズがオススメです。

ゼミ登録早いんだねー。社学はオリエン18日だし、登録なんて28とかだよー!
もう入りたいゼミは決まってるから頑張るだけだけどねー。

むー それでも国連インターンも素敵とかおもう秋の夜長。
【2005/09/27 02:50】 URL | みずほ #-[ 編集]

内容は読んでないけどまだコメントしてなかったからカキコするわ!

ブログ移転おめでとうv-237

たまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに見に来るよ!

んじゃまたねーv-222
【2005/09/26 13:34】 URL | たけし #-[ 編集]

見たよってことでレスね

強い人間の責任か・・・
いっけん強い人だと思う人が見せる弱さ・・・
そんなのに弱い俺だったりする
と恋愛論に変えてみたりする

じゃあ、そうゆうことで
おやすみ
【2005/09/26 00:52】 URL | よういち #zWOVatjo[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://profumi.blog26.fc2.com/tb.php/3-5e78f9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。