ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大人の階段に関する2、3の考察

久しぶりに長くて恥ずかしい文章を書いて羞恥プレーに走ります。

自分、中二病っスから
中二病の詳しい内容については、(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85)を参照してくれ。


最近読んだ小説の中でこんな一節がありました。

「誰かがうまく大人になれないのは子供の時間に子供であることに失敗したからだ
成熟仕切れない自分への疑念がしこりのように残り続ける」



なるほど、一理あるなあ。自分にも当てはまる気がするし。と思ったので、徒然なるままに書いてみます。
「子どもであること」というのは、他人を顧みず自己中心的であることということにして話を進めます。(心理学の授業かなんかで自己中心性というのは子どもの特徴だって言ってた気がするし)


では「子どもであること」がなぜ「大人になること」に必要なのか。

まず、「子どもであること」に失敗するとはどういうことか。
言ってしまえば「いい子ちゃん」でいることでしょう。学校はサボらない。先生や親にしかられるようなことはしない。友人付き合いを学業に支障をきたさない程度にこなす。
ようは、自分の行動原理に他人を意識し反映させているということ。自己中心的でないことです。そのまんま。


人の時間というのは連続しているから振り返ってる時以外はその断絶した面を見ることができない。しかも過去というのは今に続く断続的な認識なわけだからこれまた意外と見るのが難しい。

つまり、振り返った時に分かりやすい断絶が今と過去にない限り、人は自分に関する過去からの変化を見出せないのではないでしょうか。

話を戻してみる。
「子どもであることを失敗した」というのは自己中心的でないということ。つまり、精神的に未成熟なのにも関わらず、大人から見れば「大人らしく」振舞えるということなのだ。
そしてたいていその本人もそれが「大人らしく」振舞えているということに自覚的だし、それが子ども時代は評価につながるので「子どもであること」を失敗し続けるのだ。
しかし、こういう奴に限って自分が未成熟であることにも自覚的だったりするのだ。周囲の目を気にしながら行動している分大人というものがどういう風に行動しているのかを観察し続けなくちゃいけないし、だからこそ大人の庇護の下での「大人らしさ」と言うことが意識されてしまう。

だから、こういう輩は周りよりは大人らしいけど、全く大人には敵わないという自覚をもってしまう。

こういう賢しいガキにはまず劇的な変化は起きない。冒険もしないし、失敗らしい失敗もしない。知恵ばかり付くけど子ども時代からそうしているのだからそれは成長ではなく、学習でしかないと認識する。
そして思春期を過ぎた頃になると周囲の子どもが「子どもの時間」を終えてくる。(中には終えないのもいるけど)そうなると大変だ。十数年のキャリアがあるから大人らしく振舞うことをしくじることはないだろう。だけど、周囲からの評価を行動原理にしてきたぶん、「子どもの時間」を終えた周りの連中との差異化ができなくなってしまうからだ。これまで「大人らしく」振舞えればよかったのに、もう「大人」にならなくてはならない。

けど、これまで断続的に「大人らしく」いたんだからいまさらホントの大人になれといわれてもねえ。だから、自分は大人になれないという強迫観念のようなものに覆われてしまう。「子どもの時間」何の成長(変化)もしていないという自覚だけが残ってしまう。

そこで「自分はこんなものじゃない、まだ成長の余地が残っている」と思うもよし、「自分は大人になれないまま大人モドキとして生きていかなくてはならない」と卑下してあきらめるもよし。


なんにせよ、過去の自分から刷新された新しい自分と言うのがないから、自分を疑い続けないとならない。


僕はこれから社会人になるわけだけど、こういう疑いと一生付き合っていかなければならないと思うとちょっとうんざりするね。でも、もう代えられない。今からできる劇的な変化って、「大人の時間」なのに「子どもであろうとする」ことだから、それこそアホだし
ま、思い出さないように忘れながらいかないとね。


そんな感じ?
以上!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://profumi.blog26.fc2.com/tb.php/235-9475f0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。