ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分であることへの意識の持ち方に関する2、3の考察

 さて、2、3の考察シリーズです。

 サークルの1年生が読んでくれるようになったとしてもスタンスは変えません。俺の世界は俺が格好つけて終始です。

 んで、今回のお題。「自分であることへの意識の持ち方」などといっていますがどういうことか。ようは自分をどう思うかです。

 おっと、長くなると思うので、コメントバックは追記の方にあるという事をあらかじめお知らせしておきます。

 良く俺は「逆境ナイン」なんかの影響で、

「もっと自分に自身を持て!」とか、「出来るか出来ないじゃない!!」とか、「やればわかる!!やらない奴は一生出来ない!!」とか、「自分を信じないで結果が出せるのか!?」

 というような事を言いたがります。

 

 でもさ、「自分に自信を持つ」って何よ?それって良いことなの?と自分にネガティブな俺はふと思っちゃったわけよ。バイブルであるはずの逆境ナインに「異議あり!」って思っちゃったのか?


 まあ、それはともかく、自信を持つってどういうこと?
 自分を好きになるということ?それじゃあ、ただのナルちゃんだよ。オリバーちゃんだね。(オリバーという人の愛称ってナルになるそうなんです。)


自信とは!?

  自分で自分の能力や価値などを信じることや、自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないことをいう!!!」


 ふむ。自分の事を信じることだよね。読んで字のごとく。
 こうなると自分を好きって言うのとはやっぱり変わってくる。だって好きになるというのは自分の能力や価値、行動を信じるというよりは、全面的に認めるということだから。

 信じるに足る事実はそこにはいらない、ということだ。


 信じるということは、経験的にそれが間違わないと判断してるが故に、特に考察無しで受け入れるということだ。

 実情が伴わずに受け入れる「好き」とは違う。


 では、どうしたら自信=信じるができるのか。
 簡単だ。経験的に自分は失敗しないと知れば良い。
 でもそんなことは出来るのか?成功するという判断基準そのものが多くの場合自己の期待によるものであり、全ての事象が思うようにならない、つまり逆境にまみれている以上自分のすることが成功するという確信は得にくい。

 これなら上出来だ。という充実感を得ることは出来ても、その成果以上のものがこの世に間違えなく存在する以上それを成功として実感できないことが多いからである。
 自分にしては上出来だ。では、次も上出来が出来るか等分からないから。

 では、人間は一生自分に自信を持つことが出来ないのか?そして持てるならば、持つことは本当に意味があるのか?


 まず、自分に自信を持つことが出来るかどうかについて。
 ちょっと、信じるってどういうことなのか改めて考えてみる。

 例えば、俺は立ち上がることが出来る。歩いて目的地に行くことができる。落ちているものをかがんで拾い上げることが出来る。これは自分の行動の結果に対し、確信が持てるのでその行動の結果には(その行為の意義はともかく)信じて疑わない。

 これって自信を持っているってこと?

 だとしたら、これって今までも散々言ってきた自分が出来ることと、出来ないことを知り、できることの範囲内での最大限をするということにつなげられそうだね。

 つまり、自信を持つことそれ自体は難しいかもしれないが、自分のできることを知ることで行動の結果には疑いが介入する余地が減る。

 ということは、「自分に自信を持て」というのは自分の範囲を知れってこと?知った範囲内で行け!ってこと?

 徐々に頑張って望む結果が自分の範囲内にあれってこと?


 あ~~~~~~!わけ分からん!



 以上!!!!




最近コメントバックを怠っていたので、ちゃんとします。

>さおり 初コメントありがとう!コナンはともかく、映画は僕もあまり見ないけど大好きなので、今度皆で行きましょう。あ、綾辻さんのはトリックの奇抜さを見たいなら「館」シリーズがお勧め。中でも、「時計館の殺人」と「人形館の殺人」がお勧め。人間の精神のどろどろを見たいなら「囁き」シリーズの中の「緋色の囁き」がいいですよ。
 どれも明るい話ではないので注意!

>けいすけ そう、事実がどうかじゃなくて俺らがどう反応していくかだよね。
 証拠を突きつける前にLボタンで「待った!!」と揺さぶってみようよ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

どうもここには初カキコなたいちろーです。
ぶっちゃけイチローです(←オイ

この記事って結構共感できますよ。
僕は自身ではなく「勇気」でしたけど。
たとえば去年の僕は、
「偏差値なんていうのは単なる目安だ。あとは勇気で補えばいい!!」って模試の結果を見るたびに言ってました。

でも最近思ったりするんですよね。「勇気」って何なのかなとか、「勇気」で何ができるんだよとか。
犯罪に走る人だって、それに踏み切るときに「勇気」を出す人だっているだろうし、居心地のいい空間から背を向けるのにも「勇気」いりますよね?
要は、「勇気」も「自信」もそれを生み出すその人の価値観にしか依存できないんじゃない?って最近は思ってますけど(結局、一般当然論にしか行き着けねえ・・・

尻切れトンボになってしまいましたが、今日はここいらで。
これからもお世話になりますm(_ _)m
【2006/05/01 17:07】 URL | たいちろー #6Xg22Oz6[ 編集]

ぼくは自分が好きです。
【2006/04/30 22:09】 URL | #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://profumi.blog26.fc2.com/tb.php/114-b0d88ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。