ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LOVELY

20070129110152
 きゃわゆいでしょ?
たかが珈琲。
されど珈琲。

見た目だって可愛く、素敵にを目指して。
ラテにココアパウダーを振りかけて音符の形に!

いただきます!
スポンサーサイト

エレベーター

20070123221255
予備校の自習室のあるビルのエレベーターに落ちていた耳かき。

誰が落としたのだろう。

というかその人はなぜ耳かきを持ち歩いていたのだろう。

そして彼(もしくは彼女)はなぜ耳かきをエレベーターの中で取り出したのだろう。

なぜ、耳かきを落としてしまったのだろう。

困りました

20070122162440
コード達の大反乱です。

脱Windows宣言?

 僕はWindowsXPユーザーです。サークルの一部のけいすけやら、まさやらに影響されてVista風に見せたり、いろいろと改造もします。そのせいで一度Windowsは死にました。

 でも、後悔はしても反省はしません!!(最悪だな、オイ)
 というわけで、今回はLinuxの導入です!!正確にはKNOPPIXというらしいです。CD-ROMから起動できるOSだそうです。Windows100%というちょっとアレなPC専門詩の100号記念のおまけでついて着ていたので衝動買いしてしまいました。

 20070121003109.jpg

20070121003144.jpg


 こんな感じになります。見た目はVistaを意識してカスタマイズされているらしく、結構きれい。使い勝手はCDで動かしているので快適に早いとは言えないけど、まあ及第点?慣れの問題かね。

 さて、次はこれをどう活用していくかですが、

 選択肢としては
 ①今後もCDから直接起動して、楽しむ。
 ②仮想デスクトップを作ってそこで起動して楽しむ。
 ③デュアルプレートにする
 ④ひとつしかないHDDを分割してデュアルブートにする。
 さて、どれがいいと思う?


1月も中旬ですよ

 最近、
 眠い。
 食べてもすぐにおなかがすく。
 集中力が続かない。
 人とのコミュニケーションがしたい癖に億劫

 2~3キロ太った・・・。

 太った…
 太った…
 ダイエットは来世から





 これはあれか。
 これが・・・正月ボケか!!!!

[続きを読む]

馬場にて

歩道を歩いてたら、自転車にのる五歳位のガキに「邪魔だよ!」って言われた。ナチュラルに傷ついた。

でもしばかなかったのは僕が大人だから。それとその子の親が近くにいたから。

大学にて

20070109141950
じゃあ、親鳥や大鳥は入ってこないんだね

予備校にて

20070108195039
予備校の授業中何故かむしょうにおにぎりが食べたくなった

行く年、去る年、来ない年

20070101003058.jpg


あけましておめでとうございます。
新年です。
昨年お世話になった方々どうもありがとうございました。
昨年ご迷惑をかけた方々ことしもよろしくお願いします。

 忘年会が終わって、昼近くまで寝て、晩飯食ってまた寝て、目が覚めたらカウントダウンしてました。微妙にだめ人間な感じです。
 でも、忘年会で留学行っている連中と会えたのはうれしかったし、懐かしかった。気持ちよく酔っ払えました。騒がしくしてごめんなさい。


 人の目というのは不思議なもので、どんな状況でもそれを自動的にそれとしてみる性質がある。
 たとえば、白い紙。薄暗いところでそれを見たときそれは冷静に考えれば、茶色とかうす黒に見えるはずだ。なのに、僕らはそれを白として、認識する。明るいところと同じ白として「分かる」、「見る」ことが出来る。
 「これは紙だから白い」とかいうような推理とかそういうレベルではなく、本能がそういうことをやってのけるらしい。
 思い、とかいうどころの話ではない。僕らはこれまで積み重ねてきたバックグラウンドとかそういうものを通してしか物を見れない。幸せに生きてきた人の目で見る世界はきっと美しい。
 不幸な生き方をしてきた人の目から見える世界はきっと悲しいんだろう。

 そして、僕らの見えるものが実際に目の前にあるものを「実際に」見ているのではなく、そのものに当たっている光の反射を眼球が移しているだけなのだから、僕らが感じられるのはいわば影だけだ。
 僕らが「現実」を感じるすべは何処にもない。

 そしてその虚像の見えかたも今までの行き方に左右されているのだから、変えるのはきっと相当難しい。

 僕らは何処までも嘘っぱちではないという保障の出来ない世界で、今まで積み重ねてきたものに縛られながら生きていくしかない。他人とのコミュニケーション中で共通の認識をしていることを確認しあいながら、世界の中でその虚像を見ているのは自分だけではないと信じていくしかない。
 そして、僕は見てる世界が似通っているのか、僕が虚像を見ていないのか確認しあいたい友人達がいて、去年僕が楽しく過ごせたのはそいう人たちのおかげだと思う。
 だから、今年も少しだけでも確認させてください。迷惑かもしれないけど、よろしくお願いします。
 




 以下もう少しだらだら書きます。しかもネガティブなことを。久しぶりなんで長いです。読むのだるいだろうからいいです。
 昨年を振り返って見ると、例年以上にあっという間だったなという感じです。公務員になるための予備校に通い始めたのが一番の原因だろうか。
 自分なりに一生懸命勉強してきたつもりだ。でもそれだけだったとも思う。もちろん後悔なんて少しもしていない。ゼミの活動に対して疎遠になって顰蹙買ったり、やらないといっているのにいつまでも電論手伝えといってくるアホウにいらだったことそれ自体に申し訳ないとは思っているが、後悔していない。

 しかし、成長は出来なかったなあ、と思う。
 大学に入ってからの3年間で学習や、経験はそれなりにつんできたと思う。能力やスキルはこれっぽっちも上がった気はしていないが。まあ、少しは上がっていよう。
 ただ、成長は出来てなかったなあ。表面的なスキルなんかは経験、学習で誰でもいくらでも身につけられる。たぶん成長っていうのは、そういうんじゃないと思う。経験、学習に貪欲になれること、バイタリティあふれることが出来ること。だめな状況でも駄目でない!と考え立ち向かえるようになること。結局そういう経験学習のきっかけをつかめるようになることこそが成長なんだろう。

 だとしたら僕は去年少しも成長していない。
 僕は本質的に自分のためには努力できない人間だ。前にも書いたけど、僕の目の前の事象はすべて面倒なことか余暇の二つにしか分けることが出来ない。
 そしてこうした面倒くさいことをやる原動力は「人に認められたい」「感謝されたい」といったやや倒錯した自己満足、自己肯定のためであることに疑いようはない。

 今思えば新歓あれだけ頑張れたのは模擬国の皆がうまくおだててくれたからだと思う。皆ほめ上手なんだから。

 もちろん、他人のためにしか頑張れないなんていうのは言い訳だ。ようはやらなければならないシチュエーションというのが、他人に責任転嫁している状態が一番しやすいというだけだろう。
 ま、悲観的になるなら誰でも出来る。自分がこういう人間でこれからそれをどう正当化できるかが就活では大事になってくるんだろうから、考えなくては。
[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。