ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後の銀色の妖精

 まだ続けます。ジョンシリーズ。
 

 僕が葦を運んだ先は言うまでもないだろう。ジョンの亡骸がある場所だ。

 見回せばもう雪はほとんど残っていない。直射日光も当たるし、雪が積もった日からもう三日もたつのだから当然といえば当然か。

 地面の草もよく見える。どうやら一面の雪は溶けてしまっているようだ。
 
 いや、違う。ちょっと待て。一面緑の中、ポツンと白い塊がある。

 まさか、という思いが僕の胸によぎる。

 いや、しかし恐る恐る僕はその場所へと近づいていった。

 やぱっりそうだ、あの場所は!

ジョンの奇跡


 ジョンはまだそこにいた。他の全ての雪が溶け、水となってしまった後も、僕を待っていたのだ。

「ジョーーーーーン」

  僕は思わずジョンの下へと走った。

 そうだ、僕(+妹)が愛を込めてこねたBODY、そう簡単に解けはしないさ!

 寒い冬に起きた心温まる愛の奇跡。


 テスト勉強で睡眠時間削っているせいか、なんか書くことが変ですね。
 
 コメントバックはまた心が落ち着いてから。
スポンサーサイト

銀色の妖精・終焉

20060123170904

ジ、ジ、ジジジ、ジョーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンンン!

 朝っぱらから、クロスカウンターで吹き飛ばされたような気分です。期待を裏切られるというのは何よりのカウンターです。

しかもその後もう一度見に行くと、
200601231709042


 誰だー!うちの子を足蹴にしたのは!!!近所の子供か!?小子化だからって調子に乗るなよ子供おおおおお!

 くすん。

 ジョン、短い間だったけどありがとう。君と過ごした楽しいひと時は忘れない。君は何時までも僕の心の中を生き続けているよ・・・。

 う、ううう。、ううううううう・・・・。ジョン・・・・。

新・銀色の妖精

20060122211509
妹がまた雪だるまを作りました。よほど雪が嬉しいようです。

今回は友達と作ったそうで、サイズもこぶりです。手伝わされた友達可哀想…。

ちなみにジョンは身長80cm。この子は30cmぐらいです。小柄な色白さんです。

僕はこの子の名前をカロリーヌと(勝手に)名付けました。

家の近くで作ったジョンと違い、カロリーヌは遠い土地にいます。
二人が出会える日は来るのでしょうか?

というか、ジョンは生き延びることが出来るのか?明日はどっちだ!?

続・銀色の妖精

20060122110609
朝の光を受け、ジョンは威風堂々と立っていました。御光がさしていました。

腕や、口がとれていましたが、彼は優しげな微笑みを僕に向けてきました。

というか、朝日を受けているということは、直射日光にさらされているというわけで…。
日光には熱エネルギーが含まれているわけで…。

ジョンは熱に弱いわけで…。

しばらく、ジョンから目がはなせません

銀色の妖精

ジョン2


私は今年、成人しました。

ジョン4


 私はテストが近く、BGの書き直しを命じられており、決して暇ではありません。


だのに、だのに何故か!!私は雪だるま・を作ってしまいました。orz

ジョン1


高校生にもなって、「雪だるま!雪だるま!雪だるま作ろう!手伝え!」とはしゃぐ妹をつい手伝ってしまったのが運のつきでした。 妹は何故か雪だるまに耳をつけ、犬型にするという凝りよう。
私は密かにジョンと名付け、我が子のように写真におさめましたとさ。

ジョン3


 
 銀色の妖精は現代社会を生きる荒んだ私の心を癒してくれました。

ジョン5


 ありがとう、ジョン。君の事は忘れない。

テスト前の憂鬱

 ぐあー!テスト勉強間にあわねー!商学部は他学部よりテスト開始は遅いけど、このペースだと間に合わない!でも徹夜や無理はしたくない!ポリシーですから。

 こんな迷える子羊を誰か助けてくださーい!!

 あ~、BGの修正もしなくちゃいけないし、なんか知らんが新歓ミートがテスト日とめちゃくちゃかぶって不愉快この上ないし。

 この間の記事「成長云々」のも読み返したら酷い誤字脱字。つーか内容が一番ひどい。何あれ?
 心に余裕がないときは思いつくまま書いちゃうからダメだね。全然練れてないっつーか何というかさー。


まあ、そんなこともあるさ。にんげんだもの。


成長することのみが、進歩か?

 自販機で買うと缶コーヒーにおまけがつくというふれこみを見て買ったのに、おまけは全てにつくわけではなく、「抽選であたる」の間違いで妙に損した気分です。

 ちっ、「ジョー」キーホルダー欲しかったなあ。力石でもいいけど。

 つーか、力石で一発で漢字変換されるよ。スゲー。さすが国民的ボクシング漫画。

 そういえば、「逆境ナイン」(アスミック・エース)のサントラ(BMGファンハウス)!大学の近くのTSUTAYAにあったよ!前にはなかったのに!なぜ?TSUTAYAはリクエストに100%答えるから?誰がリクエストしたの?俺じゃない!ということはだ、俺の布教活動の賜物?

 きたー!逆境ナインの時代が!!



[続きを読む]

BG完成~!

 締め切り、ほんのり(17分ほど)破ったけど、一応BG完成しました。

 まあ、頑張ったよ。うん。完成度はともかく、頑張った。結果じゃない、過程が、そこに費やした気持ちが大事なんだよ。そう、SOULが!魂の叫びが!

 魂がこもっていれば、たとえ内容がへたれでも、きっと許される!いや、他人が許さなくても俺が許す!

 ま、IAEAとCDなんて皆読まないだろう。第10章は皆速読の方向で。
 4649!

 はい、次はゼミのレジュメですね。面倒くさいよ~。

美味しいカフェラテの作り方

20060115164209
まず美味しい珈琲をいれます。(これ重要。というかこれが全てです。これができないと目標は達成できません)
牛乳を暖めます。あんまり牛乳の量が多いとラテというより珈琲牛乳になります。

暖まった牛乳をよく混ぜて泡立たせます。専用の泡立て機があると・

その後ゆっくり珈琲に泡立った牛乳を注ぐと出来上がり
さ、美味しく頂きましょう。

はい、BGから逃避中の俺でした。
IAEAなんて重要だけど論点として挙がることはねーよー
放っておこうぜ~。世の中触れなくてもいいことってあるよね?そういうのが世界の均衡保ってたりするのさ。
え?ワケわかんない?俺もさ。

あ~ゼミのレジュメも作んなきゃ~

あ~めんどくさい。

やるかね…。
[続きを読む]

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ


後悔と悶絶の相関関係に対する2、3の考察。

 この間の、ちょっとした後悔+悶絶の続きですたい。

 ようはまた、言葉をごねて心の中身をぶちまけたいのさ。へっ。


 結構前になるのに、未だに悶絶することがあるからなあ。こうやって整理でもつけないと、やっていられないのさ。

 若いね。俺も。

 あ、後続きもんだから前の「我思う故に我あり」を読んでからのほうが3倍(俺比)楽しめます。


 嘘です。
[続きを読む]

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体


成人式。

 成人式、行ってきましたよ。

 しかし、「成人おめでとー!」って言われてもねえ。「これからは責任が伴う、うんたらかんたら・・・」って言われても、それ、20歳の誕生日のときもあちこちで言われたことだからなあ。また?って思っちゃうひねくれものの僕なのでした。


 地元の区役所のホールでやったんだけどさ。正直、転勤族としては「君達が生まれ育った素晴らしい・・・」なんて祝福されても、人事のようでしたね。

 まあ、人事に感じたのはそれだけのせいじゃないだろうケド、それはまたおいおい。

 正直、地元で成人式やられると知り合いがあんまいない。小学校は別の都道府県だし、中学校も途中からだったし、正直嫌いだったし。
 若く、かつ反抗期だったからね。小学校のときほど、好きだった環境からの移り変わりに適用できなかったって感じはある。ま、今も人見知りするし、新しい環境への適応は死ぬほどへたくそだけどさ。はい、知ってるなんて言わない!


 俺はまだ学生で、責任のある仕事やなんかは間違っても人から与えられることはない。起業でもすりゃあ別かもしれんが、そんなことする気は毛頭ないヘタレの僕。

 んでも成人したと、形式的に突きつけられ、それを認めざるを得ないような式典を催されて、参加して成人なんだと否が応にも思わされる。
 けど明日から学校はあるわけで、そこではテストもあってサークルもある何一つ変わっていない日常がある。間違い。

 こういう儀式的なのは今までもあった。幼稚園の卒業式や中学校の入学式なんかがそうだ。
 「もうお兄ちゃんになるんだ。小学校に行くんだ」そう言われて式があって、事実小学生になる。自分より5歳も年上の人間との共同生活は歴然とそれを認識させてくれた。
 「もうすぐ、中学生だ」って言われて制服来て、授業ごとに先生が代わるっていうシステムに組み込まれてああ、自分は中学生だって分かった。


 なんつーのかな?自分から起こしたのではない転機があって、分かり良いきっかけがあれば別だけど、無いときの戸惑いみたいな?変わった、変われ!って断定されても、何が変わったか言える?僕もよくワカンネ。って状況に戸惑ってしまう。

 でも、誕生日から突然背が伸びるわけでも人格が変わるわけでもないけど、お酒が飲めるようになったりと、別のクラスの存在として見られるようになりかねない。

 見るのは実感がなくてホヘーってしている情けない俺じゃなくて、周りの人なわけで、周りの人が、変わった、変わるべきだって思ったら自分がどうこうじゃなくてそれは公認の事実となっちゃうんだよなあ。

 だからそれにあわせて、変えていかなくちゃ。

 ああ、そういう契機を無理やりにでも与えて、変わるきっかけを自覚させるものでもあったのかな?成人式ってさ。
 お前ら、今日から成人として扱ってやるぞ、って言って変わらねばって思わせちゃうの。

 ま、めでたい式なんだから、そんな邪悪な考えじゃないにしろ、一種の契機であることは間違いないんだろうなあ。

 そんな感じ。

 んで、俺は変わるのかって問題にもなる。そういえば、俺小学生のときから何一つ成長した気がしないなあ。知識はついた気がするけど、思考回路や知恵なんかは何一つ。
 「ああ、俺今成長した」って実感できる人も少ないだろうケドさ。サ○ヤ人じゃないんだから、死にかけても強くなれないし。死に掛けたことないからわかんねーけど。

 何一つ変わってないけど、回りの俺を見るランクは、「子ども」から「青年」になっちゃっているからなあ。
 何も変わっていないことがばれない様にするぐらいには変わっていかないと。

 とりあえず、周りが成人としてみる以上いわゆる「真面目でしっかりした大人」とやらを目指したいなとは思う。
 長く書いたけど、結局この決意を書きたかっただけなんです。


 今日はそんな事を思いながら、成人式の帰りにブックオフによって漫画読んでいましたとさ。
 何一つ変わってねーな、俺。
 ま、急には止まれないってね。

我思う故に我あり。

 突然だけど、書きたくなったよダラダラと。最近長いのは書いていなかったし。

 ま、暇なときとかBG執筆の合間にでも読んでもらえれば、これ幸い。

 ただし、相当つまらないよ。長いし。書いている本人もわけ分かってないし。最近読んだ小説の影響受けまくりだし。

 読まないほうが良いよ~。じゃあ、書くなって感じだけど、書いて自分を納得さて、それをひけらかすことこそ俺のゆがみ解消法、みたいな?

まあいいや、そんな感じ。


[続きを読む]

夜の高田馬場は昼とは違った顔を僕に向けてきます。

 昨日は高田馬場で高校時代の友人じょきょうじゅヒロと飲みました。カラオケも行きました。ヒーロスにも行きました。珈琲も飲みました。

 連中も高校時代は高田馬場人だったので、馬場はお手の物です。ええ、それはもう。夜中の12時近くにラーメン食べるのだって日常茶飯事なのです。高校時代にはあまり出会えない深夜の高田馬場です。心も若返るかもしれません。

 少し胃がもたれました。すごいね、お酒。食べているときは、「もっと、じゃんじゃん持ってこーい!」って感じなんだもん。

 それにしてもヒーロスのワインは美味しいなあ。そのうちまた飲みに行こう。だれか付き合ってよ。イヤ?模擬国の連中は俺に偏見もっているからなあ。

 うひゃー。お金も随分減ってる!お酒の力で俺の財布が逆境だ!

 しかし、昨日は気持ちのいい酔っ払い方が出来てよかった。疲れているときとか、酒飲むとどんどん、不機嫌になっていくからなあ。なんか、感情に対してもなんというか、こう増幅機能があるね、お酒。ぐあー!ってなってうおー!って感じ。
 気持ちの良い酔い方ができたのもここ数日これの為に集中して体力回復に努めたお陰だね。←ぐうだら、寝てばかりの生活をしていただけ。

 まあ、俺が気持ちの良い酔い方しても相手もそうとは限らないのが世の中の悲しいところ。
 酔うと、変に語りたがるのは悪いところだなあ。だって楽しいんだもん語るの。発言に責任が無くなるけど。

 この場を借りて楽しいひと時を過ごさせてもらえた二人にはお礼を言いたいですね。
[続きを読む]

模擬国連についての2,3の考察。

 連投失礼します。長くなりそうだったし、全日の反省じゃなくなりそうだったから、別の記事に。

 そう、それで何を話すかって、模擬国連だよ。どうなのよ?


 よういちもブログで書いていたけど、「模擬」国連である以上、国連を模擬らなくちゃならない。

 そんなことは分かっている。では、その「模擬る」とはどういうことか。

 忠実に、それこそ実際にシュミレーとしている会議において出されるような決議案を出して、そこでなされるような議論のみをするべきなのか。
 「だって模擬だもん。真似なきゃ。学生のフレッシュな頭で実際の国際問題をマジに扱ってその困難さを体験しようぜ」って考えるのか


 自国の立場をある程度理解した上で、自分で理論を練り、稚拙ながらも自分の主張をしてみるのか。
「だって模擬だもん。真似は完全にはいかないよ。俺らしがない学生だし。それより、学生だからできるちょっと突飛な発想で会議しようぜ」ってするのか。



 ま、これ問題の建て方からしてちょっと間違っているんだよね。模擬国は上に上げた両方、つまり実際の国連における現実と、自分の頭の中にある甘っちょろい理想論のジレンマの中でいかに動いていくか、そういうのも醍醐味の一つらしいから。パンフかなんかで見たきがする。


 俺は前期、秋、後期は比較的、「俺国連」のスタンスだった。全日では「俺」をいれずに「情報・知識」だけいれた。
 どっちにしろさほどうまくいっていないんだからなんともいえないけど、どっちがいいのかね?


 先に挙げた、「実際」重視か、「俺」重視か。
 
 俺的な理想を考えれば、前者重視で後者のエッセンスぐらいか。

 前者を理解し、主張できるようにしときながら、若者らしい未熟ながらも発展性のある主張を織り交ぜる。うん。それは素敵だ。


 ・・・・・皆きっとそんなこと分かっているよ。だからそれが出来たら苦労しないんだって。 
 はい、そうですね。

 偉そうに語った割りに、結局皆知っていることの確認しかしてねーよ。

 まあいいじゃん。
 おしまい!
[続きを読む]

模擬国連全日本大会を終えて。

 全日の感想~。

 高校生や社会人、留学生ともの凄く、いろんな意味で濃い人間が250人も集まった4日間でしたよ。

 感想っていまさら!って感が漂いますけど、別にいいのよん。だって俺のブログなんだから。俺が法?みたいな?従う人が俺だけの寂しい法だけどさ。

 C1に出ました。国はベルギー。このブログを呼んでいる人はご存知、WP40数枚、DR20枚出たという噂の会議です。


 色々反省点をば。会議そのものの進行のレビューは正直俺のしったこっちゃありません。言い方悪いけど、俺は全体に気を向けられるほど、会議に貢献していないし、能力もないので。
 ああすれば、会議が良くなったなんていう前に、俺何もしてなかったから。会議をよくも悪くもしていなかった男は語る資格なし!と俺は考えたので。

 本当いうと、どうすりゃうまくいったかなんて想像もつかないだけなんだけどね。はい。これが本音。

 まあ、会議全体の反省なんて自分がレベルアップして、皆におんぶに抱っこじゃなくなってから、自分で会議ができるようになってからじゃないと。


 まず、いくつか自分自身の反省点。

 ○事前のリサーチで態度は決めたが、主張は決めかねた状態で行った。そのため、日本の出したDRに全面賛成とは言えても、改良点や、交渉の際の説得力を持てなかった。

 ○後期会議で、次は対立する主張の連中、仲間の連中の大まかな主張を知っておこう、と決めていたけど結局ドイツぐらいしかチェックできなかった。

 ○体調が全日参加前からいまいちだった。お陰で、連日鼻水止まりませんでした。

 ○DRを読むことに追われて、交渉に回れなかった。20もあったんだから、しょうがないといえばしょうがないが。つーか前述の通り、読んでいたとしても交渉時は、「じゃあ、日本大使に聞いときますね」しか言えない場面が多かったのだが。

 ○足りない論理武装。
 NPTを重視すると決めていたわりには、NPTがなぜいいものなのか、BGに乗っている程度にしか考えていなかった。本とか読むべきだったのか、と考えたとき、答えは微妙なんだが。
 正直、本に載っている理論を主張の主軸とするのは腰がひける。もちろん、参考にするのは絶対いいんだけど、12月末のリサーチ始めた時点で読んでも、本を鵜呑みにした意見しかいえなくなっただろうし。そうすると、論破されたときが弱くなる。


 こんなもんかね?
 しかしどうなんだろうねえ、模擬国連。


 と、ここで続く!


逆境は潰されるために存在するのではない!

最近、風邪やら全日での自己嫌悪やら、新歓の仕事やら期末テストの勉強やら、やらなくてはならないことを並べて、「だったらいつまでに何をしなくちゃ…」とか言って「取らぬ狸の皮算よう」のネガティブver.を勝手にすることが多かったんですが、

逆境にぶつかる前から落ち込んでどうするよ!俺!

落ち込んだりくじけたりするのは逆境が過ぎ去って、一段落ついてから、次の逆境に向かうまでの小休止中にすればいい!!

計画はあくまで、逆境を乗り切るためのもの!それに押し潰されそうになるなど、言語道断!

以上、ブログで宣言でもしないと吹いて消えそうな決意でした。

新春の楽しみといえば?

20060102164805
↑が何だか分かりますか?

そう、スターバックスの福袋です!(3000円)
去年は5000円でしたが今年はちょっとCOOLダウンだの~ん。

コーヒー豆やカップやら色々入ってて幸せ~!

もちろん、体力的に弱ってる私が買いに行ったのではなく、両親が新宿に買い物に行くというので、ついでに買ってきてもらいました。

こういうのは自分で選んでなんぼですが、別に気にしません。執着心がないのも僕の長所の一つです。

今年はあと二つぐらい福袋を買いたいなあ。

[続きを読む]

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。

 全日での不衛生がたたり、30日の「金八先生(フジテレビ)」を見ていると、涙腺が熱くなるのと対照的に全身に押さえがたい寒気が。以降、今(元旦18時)まで寝込んでました。王子の口付けでも起こせない深い眠りでしたよ。それはもう。
 熱は下がったけど、変な蕁麻疹はでていたし、なんかぐったりです。

 出だしからある意味逆境ですが、それでこそ一年の逆境に箔がつくというもの。乗り越えがいがあります!


 何をしていても、自己嫌悪に陥る。
 結果を見てまた自己嫌悪に陥る。

 何一つうまくいかず、何一つ納得できない去年だった気もする。もちろんそんなことはないんだろう。なにか成功したことだってあったはずだ。

 けど、きっとこんなネガティブさは今年も変わらないんだろうなあ。いいことってすぐ忘れて、悪いことっていつまでも心を蝕むし。

 今年も数え切れないほどの失敗をして、同じ数だけ人に迷惑をかける。断言できる。

 できたら、迷惑の数だけ、人の失敗をフォローできたらいいなあ。


  全日の感想や金八先生の感想は、具体的な新年の目標等は体力が回復してから。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。