ネガティブだけど前向きに!!
一つ、ないものねだりはしない 二つ、ないなら作れ! 三つ、ポジティブポジティブ!

俺?



店長!!!



フリーエリア



プロフィール

教授

Author:教授
逆境に負けるな!
by模擬国連早稲田研究会所属
 広告関連のゼミ所属
 大学3年生(もうすぐ4年)の熱血根暗君のブログです。



皆の善行の回数



カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近のコメント



最近のトラックバック





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



模擬国連早稲田研究会HP

とくとご覧あれ。模擬国連早稲田研究会の世界を

いざ行かん夢幻の電脳世界へ・・・



カテゴリー



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後期会合が終わって

20051130003607
今日は後期活動+打ち上げでした。

いや~。面白かった。
三代目ハムスターの襲名も行われたし。感動したね。
色々愛情込めて企画した皆に脱帽です!DVDやケーキは本当に凄い!皆お疲れ様でした!
でもまあ、旧メン陣にはこれからも見守ってもらいたいなあ。なんていうのはワガママか。
正直2年生の俺としては最初どう接するべきか分からなかった旧メン陣だけど、敬語を使って良かったと思います。(最近タメ語も多いけど)人を尊敬するのに必要なのは年輪ではなく、今という時を生きる生きざまなのだと再確認。
生きている以上節目はあり、必然的に新しいうねりができる。節目を落とし穴とするか助走台とするかは皆次第だ。頑張れ!

スポンサーサイト

ブログバトン

 合宿や中間試験の2/3が終了したので、ちょっと時間的に余裕が出来そうですね。保険論のテストは来週だし。
 久しぶりにだらだら書こうかとも思ったけど、先に珍しくバトンがマサから回ってきたので、先にそっちからやります。

 『ブログバトン』


1.あなたのブログを登録しているところは?

 最初はyahoo。今はさまざまな圧力に屈し、fc2に。

2.ブログを作ろうと思ったきっかけを教えてください。

 これまた圧力。あと興味。
 マサに(覚えてないかもしれないが)「教授の挫折日記とか作ったら?」と「逆境ナイン」の帰りにいわれて、おお、それはいいと思った。あと、文を考えなしにだらだら書くのが好きなので。

3.自分のブログで一番力を注いでいるものを教えてください。

 自分の思いを率直に書く。読者にひかれようと、自分が考え、感じたこと、主張したい事を書いて自分の糧にしたい。もし誰かが共感したり、面白いと結果的に言ってくれたら嬉しいな。

4.自分のブログにリンクしたいと思うようなブログの条件を教えてください。

 自分の知り合いであること。今のところ自分のブログは閉鎖的なので。
 
5.自分のブログにコメントを残してもらった時はコメントを返しますか?

 忙しくなければ返すようにしています。って結構たまっているのに言えた台詞じゃないですね。

6.ブログの楽しいところは何ですか?

 活字で主張が残るところ。

7.自分のブログの中で「今一番必要なもの」とは何ですか?

 自分らしさ。包み隠していることや暴露っているところ、全部あわせて自分が呼んでいる人に自分の何を伝えたいのか、ってところですね。

8.ブログ回りをしているブログの数を教えてください。

 10前後。余裕がある時は20ぐらい。

9.ブログ回りをしているブログの中でコメントを残す件数を教えてください。

 突っ込んだり、共感したりしたときに残すので、あんま分かりません。

10.最後に回したい5人

 誰に回ってないのかな?よーいちとか英語のtarou、未だ実現していないakika嬢とか、だのんも実現しだいやってほしい。あと唯一模擬国じゃないヒロ。

 以上!コメントの返事はまた今度!

退屈は神をも殺す

20051126120937



今日から後期合宿!というわけで、ちょっと早めに家を出てカフェモカでリラックス。 多少難民になっても負けない強靭な心を身に付けます。
そんな心身に付けてる暇があったらリサーチやDR修正して難民にならない努力しろって感じですね。
月曜日もテストなので、あんまり心休まりませんが、まあ頑張りますか。

あなたが嫌いな広告

 中間テストやら何やらで最近書く余裕がないのですが、毎日カウンターは十数人回っているので、その人たちに申し訳ない。しかも訪問者が1000人突破しているので。
 という訳で、以前皆に頼んで、色々聞いてゼミ選考用に書いた「あなたの嫌いな広告」を載せます。手伝ってもらったのに、なにも返さないというのも悪いし。おごるとか、物理的なお礼は無理なので。

 コメントの返事はまた今度。すみません。

以下それ。

「私の嫌いな広告と嫌いな理由」
 私の嫌いな広告について、ということなのでまず思いついた嫌いな広告を挙げていく。
 まず真っ先に思いつくのが、「エステティックTBC」のテレビコマーシャルだ。
 内容は女性が試着室から出てきて、もっと肌の露出の少ない服を店員に要求する。続いて外国人の女性(ベッカム付)がもっと肌の露出の多い服を店員に求め、店員に案内される。そして最初の女性が俯いて試着室に戻っていくというものだ。
 朝、ニュース番組を見ていると毎日のように目にしていたCMなのだが、一向に好きになれずむしろどんどん嫌いになっていった。
 なぜこのCMを不快に思うのか。理由の一つとしてこのCMが僕を対象とされていないことが挙げられる。女性向けエステのCMなのだから当たり前といえば当たり前なのだが。だが、車や水道管修理のテレビCMも同じぐらい僕と関係ないが、嫌ったりはしない。自分に向けられているかどうかは、広告を嫌う前提条件にはなるかもしれないが、絶対条件にはなりえない。
 次に不快な点を挙げるとすればこのCMでは最初に出た女性の劣等感を示すことで、ここのエステの素晴らしさを引き立たせようとしているところだろう。女性は常に最大限の努力をし、美を追求しなければならないとでも言いたげな、一方的な価値観の押し付けは正直迷惑である。もちろん、商品広告の多くは訴求対象者の購買意欲を高め、購買行動に移らせることを目的としているのだから、15秒という短い時間の中では商品やサービスの利点を伝え、印象付けなければならないのだから、多少押し付けがましくなるのも仕方がないのかもしれない。しかしCM内の話とはいえ、人を辱めているのはいかがなものだろうか。辱めるということは悪意の現れであり、それを多くの人の耳目にさらすのはどうだろう。僕は不愉快だ。
 3番目にこのCMが派手ではないことも理由だ。このCMはBGMも特になければ、背景も基本的に白塗りの壁だった。別に派手好きというわけではないが、不愉快な内容を音楽や、視覚的に何の面白みもなければ、15秒なにを楽しめばいいのか分からない。ノングラフィックという手法があるらしいが、中途半端に広告に表現が入っているため、逆効果となってCM全体に地味な印象を与えている。
 最後に個人的にベッカム夫婦が嫌いだということだ。嫌いなタレントが出ている広告は見たくもない。とはいえ、ベッカムは一般的には人気があるようなので、マイノリティの僕は我慢するしかないのだろうが。
 以上、4つこの広告が嫌いな理由を挙げたわけだが、最初の自分が訴求対象ではないというのを除けばどれも僕の主観の域を出ていない。もちろん、僕と同じようにこのCMを嫌う人はいるだろうが、その理由もまちまちだろう。
 嫌われる広告、好かれる広告とは結局各々の主観的判断に任せるしかないのだろうか。そしてマジョリティがそれを好けばいい、ということなのだろうか。
 そこでためしに友人数人に嫌いな広告は何か、と尋ねてみた。媒体を限定しなかったので十人十色になってしまったが、いくつか例を挙げてみる


 長くなってきたので、下に続く!
[続きを読む]

本日の小さな幸せ

缶コーヒーを買おうと510円投入したら、お釣りに100円玉5枚出てきました。(ノ^^)八(^^ )ノ
日頃の行いの賜であることは疑う余地がありません。そして俺のコーヒーへの愛が生んだ奇跡!

ネガポジ宣言以降の初投稿がこれか…

宣誓!

 今日インターンシップ後のフォローアップセミナーということで、前田かほるさんと、小室淑恵さんの公園を聞かせていただいた。

 感動したね。どちらも今は起業していらっしゃる方々なんだけど、モチベーションの持ち方、キャリア発展に対する貪欲な姿勢。目標、そのためのタイムマネジメントの考え方。どれをとっても憧れる人たちだった。


 俺は公務員にもなりたいし、広告会社でアカウントプランナーにもなりたい。どっちも両立しないだろうし、なるためにはどっちも準備や勉強が必要だ。んで、俺はどっちがいいか迷い続けてずるずる生きている。

 でも、それは決断を先延ばしにしているだけだし、何にもならない。


 んで、今日のお話を聞いた小室さんが言ってたモチベーションを維持していくための方法、今日から実践します!

 それは「憤りリスト」というもの。
 やるのは簡単。欝なときに何にどう具体的に欝になっているのか書き出す。それから、一晩たって気持ちが上昇したところでその内容をポジティブな言葉で書き直す。自分で解決するならどうするか、ここがこうだったら欝じゃなくなるのに、といった具合に。

 おお、心の欝をぶつけるって俺がいつもやっていることじゃん。ただ、心の憤りを出すだけで、達観した不利をして終わってしまうのは勿体無いというより、情けない。
 だから俺も三日坊主で終わらないように、心の陰鬱を吐き出した次の記事は、必ず、ポジティブシンキングで書き直すことにします。

   ここに誓います!

 憤った事を解決すること、自分の枠を超えたことであっても解決を考え、その上で何をすべきか考える。それを夢、目標、ヴィジョンとしてやっていく。そして逆算して今、現実の自分は何をすべきか決める。血に足をつけてやっていく。今日お二人がおっしゃっていた共通のこの事柄を実践してみたい。


 俺は、自分のモチベーションの低さや能力の低さ。その自覚がありつつも努力をしない情けなさにいつも劣等感を感じていて、みんなのモチベーションがほしいな。なんて思っていた。やる気満々の奴の側にいれば自分もやる気満々になれるのでは、何て考えたこともあった。けど、ないものねだりをしたってしょうがない。ないなら自分で作らなくてはいけない。
 
 俺の夢は当面自分の改革とか言うちっぽけなものだけどまあ、ここからはじめないと何もできないし。

 という訳で、脱、ネガティブ!というか、目指せネガポジ?
[続きを読む]

人間は・・・何をする葦であるべきなんだろう。

 失敗しても描いた絵は載せる。ポリシーですから。羊さんがかわいくない。マウスでのお絵かきは難しいねえ。

 第5会合、終了。いや~、いつも出来上がった側からDR皆に見せるから叩かれる、叩かれる。実際の国連だったらありえん軽薄さだね。やっぱ、いつまでもこういうスタイルじゃ“新メン”のままなんだろうなあ。来年「旧メン」としてやっていけるか不安もあるけど、「ああ、旧メンでも会議難民になったりするんだ」みたいな悪い意味での新メンの心の支えに慣れれば。いやいや、ダメだろ、それ・・・・・・。いいの!そういうダメな見本があったほうが、反面教師っぽくて!大体今年の旧メンが皆出来すぎなんだよ。少数精鋭だしさ。けっ!来年新メンなんていらねーよ

 はい、すみません。嘘です。

 と、言うわけでそろそろ、心のもやもやをぶつけたい年頃にまたなったので、書きます。(これもねー、心の中って言うのはどこまで書くべきなのかなあ。言葉や文字として発信すればスッキリするけど、それは外にでちゃって俺の中で練られなくなりそうだし・・・。芸術家はきっと、言葉にしちゃいけないんだろうケド、俺は学生だしなあ)

 って、括弧ナガッ!ゴメンよ。

 閑話休題。つーか前置き長いね。俺。

 アインシュタイン曰く、「本で調べられるものを覚える必要があるのか」(参照「ダーリンは外国人2」)←結構面白いです。

 これ、彼のような天才だから言えることでもあるとは思う。知識の量そのものは頭のよさとは関係なく、収集した情報、条件から以下に発送するか、そちらに重きを置いた考えだ。

 しかし、今の時代この言葉を信念に生きていこうとすると人間何も覚えなくていいよね。インターネットや図書館利便化の普及で調べたいものは簡単にすぐに調べられる。調べられないのなんてまだ発見されていない事象や(ま、アインシュタインが考えたいような分野なんだろうケド)、政府の裏側ぐらいになってしまうだろう。人の名前や顔だって携帯を”調べれば”分かるのだから。

 おいおい、なんか世捨て人だな。「インテリは世捨て人になる!」ですか?
 じゃあ、全てを知ることができる神様がいるとしたらこの人は、知ることが出来る故に無知である。ことになるね。そんで知る方法そのものも、何らかの方法で知ることが出来て、その方法も知ることが出来るはずだから、その存在は知ることが出来るが故に何も知らない・・・・。ちょっとファンタジー。妄想は膨らむばかり。

 話を戻します。

 俺は勉強が大嫌いだけど、無知が既知に変わる瞬間はすごく好き。だからよく皆が嫌うような、一方的に先生が話すだけの授業なんかもそれなりに楽しめることが多い。
 俺にとって学ぶとは「脱無知」であり、「思考」そのものではないのかもしれない。

 けっこうこれは「えー、教授それは高校生までの学習だよ~。大学生は教わるだけじゃなくて考えなきゃ~」とか馬鹿にされそうですが、ほっとけ。

 無知が既知になる瞬間には納得があって、納得のためには理解があって、理解をするためには吟味があるはずなんだからそこにもちろん、思考は介入しているはずだ。ただ、その思考が主か、副かの違い。ま、結構大きい違いでもあるね。

 ただ、思考及び創造には土台がなくてはならないし、土台は知識に他ならない。調べられるものを知らないでいると、考えるたびに、たとえば、高校生に二次不等式を教えるのにも、数字の概念から教えなくては(調べさせなくては)ならなくなるよね。

 知った後、忘れても流れを理解しておくことは数字の概念と二次不等式の繋がりが瞬時に分からない凡人には必要であろう。

 知ることは学習の前提条件であり、知ることこそが凡人にとっての学習でもあることは確かだとは思う。だからといって考え、次への発送をしなくても言いかといえばきっとNoなんだと思う。

 俺の受身の学習姿勢は高校までのがり勉気質が残っているからだろうけど、受身の中でだって思うことはあるし、(もちろん、俺の思うことなんて所詮教授陣の手のひらの上なんだろうが)受け止め続けるには、既知の組み立てという意味での思考、創造も必要なんだよ!はい、ちょっと言い訳。

 何が言いたかったかというと、国連や国際問題に関する知識あんまなくても、模擬コッカーやってても許されるよね?ってこと。

 以上!
[続きを読む]

体と心はつながっているよね。

 あ~なんかやる気がおきん。右頬が腫れて痛いし、目がすぐ疲れるし、寒気が絶えずするし、すぐ寝ちゃうし。軽く、風邪気味の症状と似ている。

 弱っているときは心も弱るのか、真面目なこと考える気すら起きないよ~。マウスでぐりぐり絵を描く気力は起きたのになー。あ、感想お待ちします。子ライオンですよ、あれ。

 カモン気力!つーか腫れよ早く引け。

 発展途上グループのDRって確か今日までにMLで流すんだよね?早くしないと今日が終わっちゃうよ~。研究陣の意思表明もざっとは読んだけど(なんか知らんが開こうとしたらパソコンが3回もフリーズした。しょうがないのでAdobe Readerをアンインストールして再インストールという素人ならではの強引な方法で解決)、皆いいなあ。個性と意欲に溢れる感じ。格好いいぜ。人数制限とかされたらマジな悩むッスよ。

 という訳で今日は頭が寝ているので以上!

 追伸、最近更新がほぼ1日置きなのに気付いた。毎日は辛いけど、それ以上開けたくはないみたいな感情なのかね?すごいや、深層心理!
[続きを読む]

男の三つの条件が揃った時、男は無茶を承知でやらなくてはならない!

 この世界には、努力や根性論が絶対に入り込む余地のない圧倒的な存在が確かにある。

 それは、才能であったり、容姿であったり、頭脳であったりまあ、色々だ。

 そのうちの一つに歯医者と親不知の抜歯というものが確実にそうである。という事を僕は昨日知った。

 辛く、苦しい逆境だった。
 歯医者に乗り込んでから1時間強の格闘の末、僕の親不知は↓のようになっていた。

20051112173307


 肉に深々と突き刺さっていたため、肉を割いた後、三分割。その後に抜歯という結果がこれだ。

 僕の親不知は3本ある。内1本が上。残りが下だ。下の一本は12歳臼歯に頭から突っ込むような形になっており、とても生えてくることなどできない存在であった。

 だが、不幸なことにこの親不知が虫歯になってしまったのだ。

 抜かなくてはならないという、現実を突きつけられ、僕は当然、身を震わせた。だって怖いじゃんかよ~。

 そして抜歯開始。

 のどの奥に注射を突き刺され、麻酔を注入される。

 と、

 僕の体に異変が走った。動悸が感じられるほど早く、強くなり、耳鳴りが始まった。先生の話では顔は顔面蒼白。

 一種のショック症状らしい。(開始前からビビっているということ?これは逆境か?それとも・・・・・・)

 とにもかくにも動悸は治まり、顔に血の気が戻ってきたので再び抜歯続行。

 以下、目隠しされていたので、よく分からないけど、先生は「ごっついね」という普段の僕にだったら決して述べられないような言葉を僕に3度も投げかけてきた。

 キュイーーーーン!ブスッ(麻酔の追加のために注射した音)、ガンガン!ゴリゴリ

 まあ、そんな音を耳にしながら無事、歯は抜かれましたとさ。

 なんか昨日から寒気はするし(毛布に包まってもまだ寒い)、無気力だしで体調が微妙~。ウィダインゼリーしか口にしていないし。また寝るかね。
 右頬が腫れ、なんか重い。振動が痛みを喚起し、吐いたつばは赤銅色もういやデース。

 明日までに提出しなくてはならないDRの草案、面倒くさいなあ。今日はもう止めようかなあ。明日に賭けるか・・・・・。
 はい、本日の愚痴、終了!

一つ、男はいざという時、無茶を承知でやらなくてはならない。
二つ、今がいざという時である。
三つ、俺は、俺達は男なんだ!


 以下、コメントへの返事。
[続きを読む]

何かを得るためには痛みも必要だ。「ワックスに関する2,3の考察」

 今日髪を切ってきました~。って乙女のブログじゃないんだからどうでもいいわね。へっ。でも続けます。
 最近、「どのようになさいますか?」と聞かれたら、「坊主やスポーツ刈りほどじゃないけど、相当短めで」と答えるようにしています。去年の冬、この長さに非意図的に斬られて以来、この長さにするようにしています。だって~、乾くの速いし、ちょっとぐらいの寝癖ならごまかせるし~。
 う~ん、おしゃれの“お"の字もないですね。

 更新すれば、一気にカウンターが回るけど、しないと止まるので、(皆RSSとか使ってんのかね?)書くことないなら無理に書くな、とか言われそうなグダグダの日記を書き始めましたが、もう逆にこれって「教授らしくない」とか言われそう。

 んで、散髪日記の続き。今日は最近近所に出来たカット1000円の美容院に入ったんだけど、(いつもはカット1000円のチェーン展開している店。どっちにしろ1,000円)なんか、髪につけられた。

 ワックスという奴だ。今、私の頭には20年の人生にして初のワックスが乗っており、髪をカチカチ、ツンツンに固めております。

ぐ、ぐおーーーーーーーー!と、頭皮があああああぁぁぁぁぁぁ!お、俺の髪がああああぁぁぁ!ぬ、ぬけっ・・・・・・


 まあ、切羽詰った冗談はさておき。どうしようこの頭。洗い流すとき目に何か入りそうで嫌だな。

 以上、無頓着な奴の散髪日記でした。
[続きを読む]

神話の時代の終焉。そして混沌の幕開け。

> 早稲田祭が終わって数日が立ちました。
20051105220908.jpg

↑バンデラス(早稲田祭におけるわせけんの非公式マスコットキャラクター。珈琲農家で搾取されながらも働く頑張りやさん)も舞い降り、我等を祝福してくれました。
 パトリック(同じく早稲田祭におけるわせけんのマスコット。搾取を生きがいとするアングロサクソン系の人)のジューダス的裏切り似合い、貼り付けにされ、すぐに散った。

 はい、意味不明。

 早稲オケはクラシックを良く知らない俺でもわかるぐらいの迫力と実力だったし、用意した2kg(約250杯)の珈琲豆もすべて配布でき、個人的には反省点もあるものの、大成功に終わったと思いました。
 折角作ったプリント(200枚)はかなり売れ残ったけど。

 ま、疲労から(いいわけ)イラついていつになく、人にあたったりする子どもっぽさも露呈してしまったのですが。けっ、いいじゃんかよ。うん、ごめんなさい。

 準備は俺1人でやってて、なんで俺がとか的外れな事を延々思っていたりしたけど、珈琲豆代やコーヒーメーカーを借りたり、アイデアを募ったりとけっして1人でやっていたわけではないよなあ。皆ありがとう。コーヒーなんて本当俺の趣味なのに。つき合わせて悪かった。


コメントへの返事。

>akika 本当、手伝っていなくても出資してくれた人のおかげでコーヒーはできたね。やっぱ株主価値も高めなくてはダメだ。コーポレートガバナンス!(使い方間違ってます。本来これは株主価値の強調ではなく、以下略)
 というか、「水」の展示もお疲れ様。あの担ぐのは皆インパクトあったし、説明も聞き入ってました。苦労をかけましたね。

>あっち 早稲田祭来てくれて本当にありがとう。つーか、手伝わせてごめんよ。俺「他研は客であり、従業員」みたいなこと言ってたし。

>いとりん いとりんの習字は評判だったよ。「誰が書いたの?」とか聞くお客もいたし。ありがとう!

>ヒロ いや~、展示褒めてくれてありがとう!どうなるかと思ったけど、内容が結構とっつきやすかったみたいで良かった。

>よーいち お前、いつの間に宇都宮の人と知り合いになってんだよ・・・・。

以下はめくるめく意味不明ゾーン。秋の夜長に30分近くかけて書いた俺の心の魑魅魍魎が待ってます。


[続きを読む]

伝説始まる。(逆境は一日にしてならず)

 今日、「教授のブログ、ポジティブになってきて失望したよ」とか言われた。なんで、前向きになって怒られないかんのだ!まあ、一応、ここは「ネガティブだけど前向きに」なんでたまには前向きなんですよ。


早稲田祭開始~!はー、やってられん。段取りが悪かったせいで一時間ぐらい開始がずれこむ。(段取りの悪さなんて明らかに自分のせいというのがまたムカツク。)

20051105220908

 でもまあ、和やかな雰囲気の中展示会は進みます。タダより安いものはなぃということで、珈琲もまあそこそこ配れてよかった。ま、ほとんどマダムキラー(?)のkeisukeおかげということもあるけど。俺は早稲田交響楽団の演奏を聴きに行きましたからね。高校時代の友人が着てくれたのにもかかわらず、会えないという非人道的な事をすることになるし。ちょっと粗相だな。砂糖こぼして俺が罵った奴と同じぐらいのそそうだね。
 あと借り物のパネルに蹴躓いてしまったし。いや~、精神的に余裕がないと、行動は危なっかしいし、人を気遣えないしでドジで後先を考えない、最悪最低の人間に変貌するね。

 普段とあんま変わらん。

 えー、さすがに上の写真をスルーしきれなくなってきたので、ちょっと解説。何よあれ。ぷぷ。誰とはいわないけどさ。普通に接していたら、結構いい男なのに、悪乗りするからこんな写真が流出するんだよ。いや、それはそれで美味しいな。うらやまし・・・くはない。
 何の罪も犯していないのに縛られ、貼り付けの刑にあった彼は何を思ったかな?それほど人数がいたわけじゃない状況下だったので、それほど彼自身楽しくなかったのではないだろうか。
 まあ、こういうのをやってもいいかと思える彼の潔さはいっそ格好いいね。
 え~、嫌なら消すんで言ってね。悪乗りして撮ったはいいけど、なんかこっちの方が悪い気がしてしまう小心者の俺+そう思わせる罪なあいつ。


 
[続きを読む]

早稲田祭前日「そして伝説へ・・・」

 タイトルは「引き返せー」やラーミアやバラモスゾンビとは一切関係ありません。逆境ナインの一節です。以下逆境ナイン風激励


 明日は早稲田祭だ。緊張するし、不安もある。
 だが、考えてみてくれ。
 よしんば、早稲田祭実行委員や人気のバンド、ゲストを呼ぶ団体が成功を収めたとしても誰も驚かない。当たり前だからだ。せいぜい周りにちやほやされるだけだろう。

だが!
 ニート、引きこもり、何のサークルか分からないと思われがちな俺らが、早稲田祭において成功を収めようなものなら!

    
     はっきり言って歴史に名が残る!


 今、早稲田祭に参加するわせけんメンバーに二つの選択肢を与える。どちらかを選んで、片方は捨ててくれ。



     進む

     

     逃げる

 人生は常に二者択一。決めるのは今だけ。選んだ方は明後日の夜まで心に刻んでくれ。一生心に刻み続けてもいい!

  選んだか?よし、吼えろ!そして行くぞおおおおおおおおお!

ただいま。

 今、ゼミ合宿から帰りました。人見知りしがちな俺としては、結構大変な1泊2日でした。ま、模擬国の連中は知ってるか。4月の1人でボーっと遠巻きに皆を眺めていたころの俺です。
 1対2~3人や、1対30人(コールで自己紹介する時とかね)ぐらいだとこう、腹をくくってはしゃげるんだけど、なんか自分が介入しなくても場の流れが進むときって妙に入るのが億劫になるんだよね。これだから根暗のオタク君はいかんよ。2年間共に勉強することになるんだからちゃんと打ち解けないといけないのは分かってるんだけどね。

 頑張れ!俺!うん。頑張るよ。とりあえず。まあ、先は長いし。いや、でもそれでずっと打ち解けなかった経験があるんだからちゃんとせねば。

 なんか、模擬国連に入っているというだけの安直な理由で「もぎくん」とかいうあだ名をつけられちょっと嫌だった。速めにあだ名をつけられるのは覚えてもらいやすくて美味しいといえば、かなりおいしいのだが、模擬国のことを知らない人に、からかうような口調で模擬国の事を言われるのが、模擬国を馬鹿にされているみたいでちょっと嫌でした。(ゼミの人にはまだこのブログ教えてないので書くけど)

 そんな事を考えるうちに自分が自分で思っている以上に「模擬国」という場が大好きになっているのだということに気付いた。約半年過ごして、コンプレックスを感じながらも過ごした活動はいいものだったのだな、と自覚。
 コンパでも、観光していても模擬国での活動と比較している自分にビックリ。
 なんか恥ずかしいけど、いいものだと思う。自分が楽しんでいて、そこにいたと思い出せる"場”というのはいいね。
 この場を借りて全ての模擬国連メンバーにお礼を言いたいです。ありがとうございます。

 はい、恥ずかしいね。赤面しそうだけど言っておきたかったので。ゼミもそういう”場”になればいいな。なんか早速、いじられ役になりつつあるが。正直自分からする人付き合いは苦手なので、早く議論やなんかをする勉強の場に移りたいね。

あ、この合宿のビンゴで一等を取り、iPod shuffleとやらをゲット!やったね。

 以下コメントへの返事。ためていたので結構な量ですね。
[続きを読む]

クワガタゼリーって美味しいのか

20051101202110
そして宿泊先に到着。屋根付近に巨大なクワガタがー!
看板に描かれたウソ臭いトイストーリーをしりめに入っていくとまあ色々ね…。
しかし、なぜクワガタなのか。なぜかぶと虫ではないのか。動いたりしないのか。この辺りにクワガタはいるのか。そもそもどこに発注すればこれを作ってもらえるのか。
謎は深まるばかり。



熊が逃げろと言うなんて、その背後にはどんな凶悪な存在が潜んでいるというのか。踊っている場合ではないのではないか。

20051101140005
格好つけシリーズとコメントへの返事は心に余裕ができてからやります。待ってないとか言わない。

只今ゼミ合宿で日光へ行くため、移動してます。早く人みしりを終らせねばゼミ生活がつまらないものに。頑張れ俺!
今いるのは茨城からほど近い佐野です。ってここ何県?

写真はインターチェンジのお土産やコーナー(熊さんカステラ販売中)に置いてあった人形です。妙に上手い「森の熊さん」を背景に動き続けています。
これは佐野市の特産なのか、だとしたら佐野市は何を思ってこの商品を開発したのか。なぜ熊なのか。熊がでるのか。商標登録はされているのか。そもそも味はどうなのか。
謎は深まるばかり。

続く…





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。